外資系サラリーマン サムとワインと株式投資

ワイン初中級者 サムのワイン備忘録。

ワインの資格について


ワインの資格って、意外と多いんですよね。ソムリエやエキスパートぐらいって思ってませんか?以下に有名どころを羅列して、なぜサムがそれを選んだか説明したい。

 

「受講・受験に条件が必要なもの」 ※基本、要実務経験

日本ソムリエ協会認定資格「ソムリエ」

一般社団法人日本ソムリエ協会(J.S.A.)が認定。日本で最もポピュラー。

 

・国際ソムリエ協会認定資格「Internatinal A.S.I. Sommelier Diploma」

世界57カ国が加盟する国際ソムリエ協会(A.S.I.)が、2012年から年1回、ヨーロッパ、アメリカ大陸、アジア・オセアニア地区の3地域で実施している国際的なソムリエの資格試験。

 

国内で一番大手のスクールは【アカデミー・デュ・ヴァン】と思います。勉強している人は大体名前を知ってます。 

 

「条件不要、誰でも受けられる」 ※基本20歳以上

日本ソムリエ協会認定資格「ワインエキスパート」

一般社団法人日本ソムリエ協会(J.S.A.)が認定。ワイン愛好家向けの資格。

 

日本ソムリエ協会認定「ワイン検定 ブロンズクラス、シルバークラス」

一般社団法人日本ソムリエ協会(J.S.A.)の検定。上記「ソムリエ」「ワインエキスパート」の下位資格的な位置づけ。

 

・WSET®認定資格「 Level 1~Level 4」

英国に本部を置く酒類教育機関WSET®(Wine & Spirit Education Trust)が認定するレベル別の資格。※レベルにより条件あり。

 

・ワインエデュケーター協会認定資格「CSW

米国のワインエデュケーター協会(SWE)が認定するワインの資格で、「CSW」はCertified Specialist of Wineの略です。

 

あとは、各国別ワインの資格などもあります。

 

そんな中、サムが選んだのは「WSET」。理由は2点:一つは国際資格である、もう一つは英語で学べる点。(エキスパートと迷ったが、国際規格でなく、また合格後に認定にお金がかかるのが解せなかった。)

 

現時点でWSETの日本での認定校は2校。【アカデミー・デュ・ヴァン】と「キャプランワインアカデミー」で学ぶことができる。

次回以降で、WSETについてもう少し詳しく解説していきたい。

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ にほんブログ村