外資系サラリーマン サムとワインと株式投資

ワイン初中級者 サムのワイン備忘録。

日本のカルトワイン


ワインはアートである <(`^´)>

勉強を始めると段々とそんな気がしてくる。ゆえに、レア度も結構 重要なファクターだとサムは思う。

5大シャトーなど超有名なワインはあるが、レア度という点では「カルトワイン」か?

 

カルトワインとは???

wikipediaに定義がない。色々なワインサイトから、ナパの生産数の少ない高品質・高級なワインをと定義しているのがほとんどだ。

※ハーラン・エステートやスクーリミング・イーグル、グレース・ファミリーなど。

また、古くは「パリス審判」に勝ったワイン。

 

 楽天で探したスクリーミング・イーグル。ヒエッッ(+_+)

 

 

では、国産カルト"的"ワインは?

サムの調べでは「ドメーヌ ミエイケノ」「ドメーヌ タカヒコ」がそれに当たりそう。

 

実は一昨年初めてミエイケノのメルロを頂いた。それは衝撃であった。よくワインの表現で「ダシ」を使う人がいるが、初めてそれを感じ理解できるようになった。

そう言えば、何年か前に「マツコの知らない世界」でピックアップされていたのを思い出した。マツコも"出し感"を表現していたが、テレビだから大げさに言ってるな、と思ったが、本当だった。

 

何故、カルトワインと呼ぶ人がいるのか。サム自身が、昨年の12月に目の当りにした。シャルドネのオンライン販売が開始されたが、3-4分でSold Out  ( ゚Д゚)

f:id:samswine:20200816160054j:plain

サムは何とかゲットできたが。

 

一方、入手がタフだと感じていたが、リゾナー八ヶ岳『YATSUGATAKE Wine house』テイスティングも購入も可能です。

サムも緊急事態宣言前に宿泊したが、購入本数の制限はあったが普通に入手できた。

宿泊しなくても多分 購入はできるので近くにお立ち寄りの際はお薦めです。

 

 

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ にほんブログ村